全国直売所研究会の取り組み
*
info_page
事業内容

直売所研究会の主な事業は次の三つです。
  ○会報の発行
  ○全国交流会の開催
  ○東西ブロック研究会の開催

 

これまでの活動な活動内容です

 

日時・場所

活動の名称/内容

2005年
3月8、9日

 

東京・弥生会館

全国直売所研究会設立総会
パネルディスカッション
「地域作りと直売所の役割」
ワークショップ
「直売所の情報化とPOSレジ」
「直売所経営の躓きはいつはじまるか」

全国から直売所関係者約70人が集合。設立総会では規約が承認され、引き続き行われた研究会では熱のこもった議論が行われた。新聞に取り上げるなど、大きな反響があった。

 

8月  

会報第1号発行

10月29,30日

 

茨城県つくば市
みずほの村市場

第1回大交流会
日本全国直売所祭り−集まれ!つくばへ、オールニッポンの直売所
参加会員「ポケットファームどきどき」「JAシンセラ」「とんとん市場」「モクモク手づくりファーム」「あんしん村」「げんきの郷」「グリーブ」「星の郷青空市」「ライスアイランド」「道の駅とわだ」「道の駅きよかわ」「ふれあい二戸」

 

全国から集まった12の直売所が特設会場で特産品の販売を行う。売上合計は約180万円。加工品コンテストではモクモク手づくりファームの「あらびきソーセージ」が優勝。

2006年
3月12日  

 

岩手県盛岡市
JAシンセラ本店

第1回東日本ブロック研究会
講演
「都市部直売所の実態」
「直売所および農村レストランの接客」
パネルディスカッション
「繁盛戦略についての意見交換会」

 

直売所研究会の活動普及のためにセミナーと懇親会を開催。地元岩手を中心に約150名の直売所関係者が集まる。役員による直売所・サンフレッシュ都南の批評にも興味をもたれた。

3月21,22日

大分県豊後大野市
エイトピアおおの
/道の駅きよかわ

第1回西日本ブロック研究会
講演
「地域農業の再生と人づくりをめざして」
パネルディスカッション
「身土不二の源・地産地消生産者、直売所活動の実践者おおいに語る。」
現地視察「道の駅みえ」「大野町物産館」「道の駅あさじ」「道の駅原尻の滝」「道の駅きよかわ」

 

身土不二の源 地産地消生産者、直売所活動の実践者大いに語る、をテーマに合併市町村での産直施設の競合の実態を視察。研究会では高齢者と直売所の役割についても議論された。九州各地から約200名の関係者が集まる。

6月  

会報第2号発行

6月24,25日

愛知県大府市
げんきの郷

第2回総会
記念講演
「経営は手の長い弥次郎兵衛」
パネルディスカッション
「直売所の商品づくり」
現地視察「げんきの郷」「げんき工房」「ハム工房ブリオ」「セントレア空港直売所」

石川県ぶどうの木・本昌康氏の記念講演がでは、経営理念の必要性が説かれた。げんきの郷が経営する野菜加工施設、新空港での直売所を見学。

10月28,29日


茨城県つくば市
みずほの村市場

第2回大交流会
集まれ!つくばへ、オールニッポンの直売所。
参加会員「JAシンセラ」「とんとん市場」「モクモク手づくりファーム」「あんしん村」「げんきの郷」「グリーブ」「星の郷青空市」「ふれあい二戸」「道の駅とわだ」「道の駅きよかわ」「ふうの丘」

 

第1回と同様に物販を中心に加工品食味コンクールを行う。連続して「あらびきソーセージ」が受賞。つくば市、茨城県の後援、また地元新聞の記事もあり、来客は約1万人であった。

12月20日

あっというまに人が集まる「直売所イベントガイド」 全国直売所研究会編発行

2007年
2月8日


青森県十和田市
道の駅とわだ

第2回東日本ブロック研究会
「人口減少、10年後に直売所は」
基調講演 モクモク手づくりファーム専務吉田修先生
パネルディスカッション

 

青森県を中心に約180名の直売所関係者が集まる。直売所でのものづくりから、こと起こしをどのように行うのか、モクモクの実例が紹介された。また、過疎化に悩む地域の問題も討論された。

2月15、16日


熊本県氷川町氷川町文化センター
/道の駅竜北

第2回西日本ブロック研究会
「激論!直売所の問題を大いに語る」
星の郷青空市梶@張谷 和弘氏
(農)ふれあい二戸 荒谷 和男氏
討論会
現地視察 道の駅「竜北」、道の駅「鹿北」 「水辺プラザ」、道の駅「メロンドーム」、道の駅「旭志」

 

直売所で安心・安全を維持するには、また高齢化する現状等、実践者からの報告とそれを受けての討論が行われた。視察地についてはどれも規模が大きく行政機関の期待の大きさを感じた。熊本だけではなく九州各地から約200名の関係者が集まった。

・トピックス

2007年3月7日全国地産地消推進フォーラム2007が駒場エミーナスで盛大に開催され、地産地消優良活動表彰者に対する農林水産省各局長の受賞式及び農林水産大臣賞受賞者による「地産地消優良事例発表会」が行われた。会員直売所の中から、農林水産大臣賞に「おおむら夢ファームシュシュ・長崎県」、局長賞に「道の駅とわだ・青森県」「星の郷青空市・岡山県」が選ばれた。

6月13日


千葉県グリーブ
/メルキュールホテル成田

第3回総会
記念講演
「グリーブにおける直売所のリニューアルとその成果」

 

新装成ったグリーブの内部の見学およびその経過の報告があった。
総会は

6月

会報第3,4号

8月28、29日

第2回アグリフードエキスポへの出展
「モクモク手づくりファーム」「げんきの郷」
「星の郷青空市」「道の駅きよかわ」「道の駅竜北」

 

農林漁業金融公庫主催のイベントに直売所グループとしては唯一の出展。来場のスーパー、飲食店関係者の注目を集める。

11月10,11日


三重県松阪市
松阪農業公園ベルファーム

 

第3回  全国直売所研究会交流会
「松阪ベルファームに、各地の元気な村おこし農産加工品が集まる」
ふれあい二戸、道の駅とわだ、みずほの村市場、道の駅きよかわ、星の郷青空市、おおむら夢ファームシュシュ、ふうの丘、ありよし、鰍b&R、コスモ食品(株)、(株)寺岡精工

松阪ベルファームの芝生ひろばに直売所研究会会員+三重県地元地域づくりグループ、特産品製造業者が集まりバザールを開いた。両日共に1万人の来客があり売上は500万円以上となった。

 


Page Top


main

この改行は必要→
main_box